2010年01月06日

天文 国内初、元日の月食(毎日新聞)

 1日未明、東京都心などの西の空で満月の左下が欠ける部分月食が観測された。元日の月食は、国内では初。

 月食は、太陽と月の間に入った地球の影で月が欠けて見える現象。午前3時51分ごろ欠け始めた月は、4時22分ごろ、最大約8%が欠けた状態になり、53分ごろ元の満月に戻った。

 現在の太陽暦になった1873(明治6)年以降、元日の月食は初めて。それ以前の太陰暦では、月が見えない新月を各月の1日としていたので、元日の月食はなかった。【須田桃子】

【関連ニュース】
部分月食:元日未明の西の空 初日の出の前に「お年玉」
部分月食:元日未明、天体から「お年玉」 新年は月食、その後初日の出
皆既日食:明治時代にもブーム 観測列車や観測船も
やごろうどん:ワイド 皆既日食 /鹿児島

たけよしのブログ
しんじのブログ
アフィリエイト ホームページ
競馬サイト
携帯ホームページ
posted by xpyekunmcf at 11:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。